動画配信サービス主要4社を徹底比較!詳しくはこちら

映画好き必見!動画配信サービスおすすめ4社を比較!あなたの映画欲求を満たすVODはコレ!

ども、映画は自宅でまったり観たい派のヒカルです(‘ω’)ノ

マグ

ヒカル、動画配信サービス(VOD)っていっぱいあるけど、結局どれがおすすめなの?

確かに、VODは現在数多く存在し結局どれが最適なのか迷ってしまいますよね。

その中でも、現在人気のある動画配信サービスがHulu】【U-NEXT】【AmazonPrimeVideo】【dTVの主要4社です。

とはいえ、それでも4社の中から月額を払って映画を観るための1本を決めるのは悩みどころ。

きちんとメリット・デメリット・相性を把握して契約しなければ損をする危険性が出てきます。

 

最適な動画配信サービスを選ぶために見るべきポイントは以下の4つです。

動画配信サービス選びで見るべきポイント

  • 人気度(シェア)
  • 月額料金
  • コンテンツのボリューム(観れる動画の量)
  • 無料体験期間の長さ

そこでこの記事では、上記4つのポイントごとに動画配信サービス主要4社のうちで映画好きにはどれが最適なのかを比較・紹介していきます!

映画が好きならVODを利用しないのは勿体ない!

おうちでリラックスできる時間を作るためにも、自分に最適なVODを見つけ出しましょう!

動画配信
サービス
月額料金
(税込)
見放題
作品数
有料
コンテンツ
無料
体験期間
イチオシ
ポイント
U-NEXT月額:2,149円140,000本以上人気作・最新作
豊富にあり
31日間最新作配信までの速さ最速
Hulu月額:1,026円50,000本以上なし
すべて見放題
14日間海外ドラマ
が豊富
dTV月額:540円120,000本以上人気作・新作
あり
31日間国内ドラマ
が豊富
PrimeVideo月額:500円
年会費:4,900円
60,000本程度あり30日間オリジナル番組
が面白い

まずは、自宅のテレビでVODを視聴できるのか環境を把握しておこう!

今やVODはスマホはもちろん、タブレットやPCでVOD各社のアプリを通してダウンロードして視聴することが可能となっています。

とはいえ、自宅でリラックスして映画鑑賞をするならテレビで観るのが一番ですよね!!大画面でソファにドッと座ってのんびりと観る映画はそれはもう最高のひと時ですもんね!

ですが実は、VODはインターネット環境から動画を観るサービスなので、「テレビ自体がVOD対応」か、「VOD対応のテレビと接続できる機器」がなければ、VODに契約をしてもすぐにテレビで映画が観れないかもしれないんです。

マグ

え、じゃあどうすればいいの!?

テレビですぐにVODで映画を視聴するには、ネットに繋がるテレビを用意するネットとテレビに繋がる機器を用意する必要があります。

 

動画配信サービスを人気度(シェア)で比較する

 

冒頭でも紹介しましたが、現在主要動画配信サービスは【Hulu、U-NEXT、AmazonPrimeVideo、dTV】です。

その中でも、シェア(ユーザー数)が最も高いのはどのサービスなのでしょうか。

マグ

ユーザー数の多いサービスなら、それだけ人気ということだから安心して利用できるね!

映画に特化してマーケティング分析とレポート提供を行っているGEM Partners株式会社の2018年動画配信市場規模推計によると、2018年で最も人気の高い動画配信サービスは『dTVとなっています。

出典:PR TIMES『動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート』より

動画配信サービス人気度比率

dTVはdocomoの提供する動画配信サービスで、支払いを携帯代と一緒にまとめることができる点などから登録しやすいサービスと言えます。

その他の動画配信サービスも僅差ではありますが、最も人気度の高いサービスがいいという方は、dTVがおすすめと言えます。

 

動画配信サービスを月額料金で比較する

月額制の動画配信サービスを選ぶにあたって、やっぱり気になるのは月々の料金ですよね。

マグ

料金が高くてサービスがほどほどなら嫌だよね!

主要4社の月額料金は以下となっています。

動画配信サービス
月額料金(税込)
Hulu1,026円
dTV540円
PrimeVideo月額:500円
年会費:4,500円
U-NEXT2,149円

一番お手頃価格で利用できるのは『AmazonPrimeVideo』の月額500円。

次いで、『dTV』の月額540円(税込)

その次が『Hulu』の月額1,026円(税込)

最も月額が高いのが2,149円で『U-NEXT』となっています。

マグ

Huluから一気に月額料金が高くなるイメージだなぁ

AmazonPrimeVideoは月額意外に年会費もある

 

AmazonPrimeVideo』は月額の500円とは別に年会費(4,900円 税込)という契約手段も存在します。

年会費で考えると、なんと月々の料金は約408円!

 

また、Prime(プライム)会員は映画コンテンツに限らずAmazonでのショッピングや『Amazon Music』も同アカウントで利用できます。

『AmazonPrimeの利点』

  • prime会員はネットショップでの商品発送が送料無料になる
  • Amazon Musicで音楽を視聴放題
  • AmazonPrimeVideoで動画見放題

お買い物から音楽視聴まで総合的に観るのであれば、『AmazonPrimeVideo』はコスパが高いサービスと言えます。

さっそくチェック!

dTVはドコモユーザーでなくても利用できる(注意点もあり)

月額540円のdTVは、ドコモユーザーでなくてもdアカウントを作ることで誰でも利用することが出来ます。

dアカウント作成もおよそ5分程度で登録が可能なのはメリットです。

マグ

GoogleアカウントやYahoo!Japanアカウントがあればスムーズに登録できるんだよね!
注意
ドコモユーザーでない方がdアカウントを作成するためにはクレジットカード情報の登録が必須であり、決済方法もクレジットカードのみと限定されます。

クレジットカード情報の登録&クレジットカード決済に支障のない方には、月額540円で12万点が見放題のdTVはおすすめと言えます。

簡単登録5分!

Huluは決済方法が豊富という利点も

 

月額1,026円のHuluは、10種類の決済方法が選択可能という利点があります。

クレジットカード決済はもちろん、携帯代とまとめるキャリア決済やPayPalも使えたりとあなたの都合に合った決済方法を選択できます。

 

特に「Huluチケット」と言う決済方法がユニークです。

『Huluチケット』

全国のコンビニ・オンラインショップで購入可能なプリペイド。煩わしいスマホ手続きやクレジットカード処理をせず1か月単位で課金が可能というメリットがあります。

さっそくチェック!

U-NEXTは月額料金に毎月1,200円分のPPV(ポイント)が含まれる

 

月額料金がもっとも高い2,149円だったU-NEXTは、毎月付与されるポイント(PPV)で1,200円分の有料作品を観ることができるのが最大の魅力です。

マグ

1,200ポイントをどけると見放題での実質月額は800円程度だね!

最新作の配信が他社よりも断然早いU-NEXTは、そのポイントを使って月に約2本の有料映画を楽しむことができます。つまり、新作視聴用金額が含まれているからこそこの月額というわけです。

ポイントを利用して

人気の鉄板作品も豊富に取り揃えているので月に1,200ポイントでは足りないくらい。

『値段よりもとにかく人気作品・最新作品を観たい!』という人にはU-NEXTがマストです。

また、ポイントに関しては無料体験期間にも登録即時に600P(600円分)が付与されるのも嬉しいポイント。

簡単登録5分!

動画配信サービスをコンテンツボリューム(観れる動画の量)で比較

『結局、大事なのは観れる映画の量に満足できるかだ!』という方にコンテンツボリュームで比較してみましょう。

動画配信サービス配信作品数イチオシポイント
U-NEXT140,000作品以上PPV(ポイント)で
最新作が観れる
Hulu50,000作品以上海外ドラマが豊富
dTV120,000作品以上ドラマ・アニメの
見逃しを観れる
AmazonPrimeVideo60,000作品程度オリジナル動画が人気

マグ

見放題作品数ならU-NEXTが一番多いね!

U-NEXTは豊富な映画以外に雑誌や漫画も楽しめる

コンテンツボリュームが一番多い(見放題作品14万本以上の)U-NEXTは、映像コンテンツ以外にも雑誌や漫画なども豊富に取り揃え、利用可能という面もメリット。

『U-NEXTで利用できる映画以外のコンテンツ』

  • 雑誌70誌以上
  • マンガ・電子書籍・ラノベ42万冊以上
  • アダルト1,500本以上

マグ

リビングでかさばらない電子書籍は何かと助かるよね!
簡単登録5分!

U-NEXT(ユーネクスト)の魅力的特徴とデメリットを感想付きで解説【おすすめ】U-NEXT(ユーネクスト)の特徴・メリット・デメリットを徹底紹介!おうちから出らずに完結する革新的サービスに納得間違いなし!

Huluは海外ドラマに強い

見放題作品数こそさほど多くないHuluは、もともと海外の動画配信サービスということもあり、海外ドラマの配信に力を入れています。

人気のウォーキング・デッドは勿論のこと、マニアックな作品まで揃っています。

ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)に関しては唯一全話見放題という環境。

マグ

年中見続けても観終わらない量だよね!

海外ドラマ・国内ドラマをたくさん観たいという人にとってはHuluはおすすめです。

さっそくチェック!

AmazonPrimeはオリジナル番組が人気

見放題作品数は多くないAmazonPrimeは、ここでしか観れないオリジナル番組が人気です。

恋愛ドキュメンタリー番組の「バチェラー」や、吉本の人気どころが出演する「ドキュメンタル」などが観れるのはAmazonPrimeVideoのみとなっています。

最近では、海外ドラマの「ジャック・ライアン」がイチオシのおもしろ番組として人気が出てきていますね!

さっそくチェック!

動画配信サービスを無料体験期間の長さで比較

動画配信サービス4社には、本契約の前に無料体験期間が存在します。

ですが、それぞれのサービスによって体験期間の長さが異なります。

マグ

無料体験は長ければ長い方がいいよね!
動画配信サービス無料体験期間その他備考
U-NEXT31日間600ポイント
(600円分)付与
Hulu14日間なし
dTV31日間なし
AmazonPrimeVideo30日間なし

無料体験期間はU-NEXTの31日が最長でHuluが最短の14日となっています。

また、紹介している4社はこの無料期間中、本契約時と同様にコンテンツを利用でき、見放題作品は見放題・有料コンテンツに課金も可能となっています。

無料体験期間の有効活用方法

また、紹介している4社は無料体験登録を行ったうえで実際に使用してみて万が一、コンテンツに満足できなかった場合は無料体験期間中に解約手続きを行うことで料金を請求されずに済ませることが出来ます。

マグ

いつ解約すべきか忘れないようにアラームセットしとくことをおすすめするよ!

『実際に、どんなものなのか体験してみたい』という人は、こういった無料体験期間を有効活用することをおすすめします。

各ジャンルごとのおすすめ動画配信サービス

マグ

いろいろと特徴があるのはわかったけど、結局どれがいいの?

最後にこの章では、【月額】【コンテンツボリューム】【総合的バランス】のジャンルでどのサービスが最もおすすめなのか、ズバリ紹介します。

月額料金の安さで選ぶなら!

PrimeVideoの評価
月額料金の安さ
(5.0)
見放題コンテンツ量
(2.5)
映画以外の付加価値
(4.0)
総合評価
(3.5)

メリット・デメリットまとめ

  • メリット➡月額料金は500円で最安値
  • メリット➡年会費4,500円ならひと月当たり脅威の400円以下
  • メリット➡有料新作作品あり(課金可)
  • メリット➡アマゾンでのお買い物「お急ぎ便」「お届け日付け指定」無料利用可能
  • メリット➡AmazonMusicの音楽100万曲聴き放題
  • メリット➡電子書籍1冊無料/月(kindle端末限定)
  • デメリット➡見放題作品数が少ない
  • デメリット➡最新作が少ない

こんな人におすすめ!

  • とにかく月額料金を抑えたい人
  • 時間つぶし程度に映画を楽しみたい人
  • バチェラーなどアマゾンプライムオリジナルコンテンツを観たい人
  • Amazonでのお買い物をたくさんしたい人
  • 音楽も楽しみたい人
さっそくチェック!

コンテンツボリュームで選ぶなら!

U-NEXTの評価
月額料金の安さ
(3.0)
見放題コンテンツ量
(5.0)
映画以外の付加価値
(4.5)
総合評価
(4.0)

メリット・デメリットまとめ

  • メリット➡見放題作品数国内最大級8万本以上
  • メリット➡毎月1,200円分のポイントが付与される
  • メリット➡最新作の配信が最速
  • メリット➡(フルHD・4K)高画質で映画を楽しめる
  • メリット➡雑誌・マンガ・アダルトコンテンツが見放題
  • デメリット➡月額料金が最高額

こんな人におすすめ!

  • とにかくたくさんの作品数を観たい人
  • 最新作をよりはやく観たい人
  • 雑誌や漫画を楽しみたい人
  • ポイントで映画のチケットを買いたい人
簡単登録5分!

総合的なバランスの良さコスパの良さで選ぶなら!

総合的に観て、月額を抑えつつ豊富な作品数から選べるコスパの良いサービスは『dTV』です!

dTVの評価
月額料金の安さ
(5.0)
見放題コンテンツ量
(4.0)
映画以外の付加価値
(4.0)
総合評価
(4.5)

メリット・デメリットまとめ

  • メリット➡月額540円
  • メリット➡見放題作品12万作品
  • メリット➡ドラマ・アニメの最新作が多い
  • デメリット➡ドコモユーザー以外はクレジット決済のみ
  • デメリット➡dアカウントを作成しないと登録できない

こんな人におすすめ!

  • 月額料金を抑えたい人
  • 見放題作品も豊富に欲しい人
  • 見逃した最新アニメ・ドラマを観たい人
  • 音楽Live・キッズ番組をよく観る人
簡単登録5分!

まとめ

動画配信
サービス
月額料金
(税込)
見放題
作品数
有料
コンテンツ
無料
体験期間
イチオシ
ポイント
U-NEXT月額:2,149円140,000本以上人気作・最新作
豊富にあり
31日間最新作配信までの速さ最速
Hulu月額:1,026円50,000本以上なし
すべて見放題
14日間海外ドラマ
が豊富
dTV月額:540円120,000本以上人気作・新作
あり
31日間国内ドラマ
が豊富
PrimeVideo月額:500円
年会費:4,900円
60,000本程度あり30日間オリジナル番組
が面白い

動画配信サービスに登録して自宅でゆったりムービーライフを

 

今回紹介した動画配信サービス主要4社は、結局のところ月額料金以上の作品数を楽しめるコンテンツとなっているため、あとはあなたのニーズに合ったものを選ぶだけでレンタルDVDの手間やデメリットを十分にカバーしてくれるでしょう。

 

今や、おうち映画を楽しむにあたって動画配信サービス、ビデオオンデマンド(VOD)が主流となってきています。

人気度の章でも紹介したGEM Partners株式会社の調べによると、今後レンタルDVD市場は減少し2023年には動画配信サービスが打って変る時代が予測されているほどです。

マグ

VOD市場って、今もう2,200億円以上なんだよ!

また、来年2020年から本格始動する「5G」によって、動画配信サービスの勢いは一層増加が見込まれます。

と、なれば今のうちに動画配信サービスを導入することで乗り遅れの心配も減ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください