当サイトおすすめ洋画ベストはこちらをクリック

速く走るために観ておきたい全力疾走シーンのある映画特集

速く走るために観ておきたい全力疾走シーンのある映画特集

速く走るためには自分に合った正しいフォームを見つける必要があります。そのためには実際に走るのが速い人間のフォームを色々と観てみるのがいちばんです。

なので今回は1000タイトル以上映画を観てきた僕だからできる『速く走るために観ておきたい全力疾走シーンのある映画特集』です。かなりコアなネタでしょw実際本編を観ないと多分わからないと思うんですが、思い出す限り「走ってたなぁ」と思い出せる作品たちです。

内容としても魅力的なものばかりなので是非、鑑賞して参考にしてみてください!

因みに僕なりの足を速くする方法を紹介した記事はコチラ
>>>>>誰でも足が速くなる3つのポイント
[blogcard url=”https://lowbuyer.com/self-reform/1380/”]

フォレスト・ガンプ/一期一会

解説
幼少期のフォレストのランシーンは必見。本編終始走るシーンがあるのですべてが見どころです。人より少し知能指数が劣るフォレストの生きざまを描いた本編は笑いあり感動あり。人とのつながりをテーマにしており、得るものの多い一本です。

フルスロットル

解説
最近日本でも人気の高まってきた“パルクール”を軸にしたアクション映画です。運動神経が人一倍高い主人公二人がこれでもかと走り回る本作は観ているコチラまで思わず走りたくなります。ランももちろんですが、走り幅跳びにも活用できるアクションシーンですね。

ターミネーター2

解説
一番最初にランのシーンを思い出した作品。ターミネーター史上最大の敵T-1000が無表情猛ダッシュで追いかけてくるシーンは一番の見どころです。あの走りを完コピして、鬼ごっこで活用しましょう。逃げる側は怖がるはずです。

 アドレナリン

解説
前作を超えて戻ってきた!正直問題作ですが全力疾走感を知るにはこの作品を観た方が早いかなということでノミネート。主人公ジェイソン・ステイサムがとにかく全力でセクシーです。洋画慣れしたジョークのわかる人向けです。
注意
本作は18禁です!暴力的で過激なシーンや暴言が大半です。18歳未満の方は観ないようご理解お願いします。

 メン・イン・ブラック

解説
SFコメディの代表作ですね。実は本編でJことウィル・スミスが全力でランします。しかも速い!虫が嫌いな人はあまりお勧めできない作品ですが、ウィル・スミスがカッコいいので見る価値ありです。

ベイビー・ドライバー

解説
音楽に合わせてスピード感を味わいたいならこれがおすすめです。後半主人公ベイビーが全力でランナウェイするシーンはリアルに速くてお手本にすべきです。カーアクションと音楽好きの人が見れば文句なしのカーアクションムービーとなってます。

クリード

解説
超有名ボクシング映画「ロッキー」シリーズですが、正直ロッキーよりスピード感があって断然面白い作品です。ランも含めトレーニングシーンも多いので一番リアルなイメージをできるかもしれませんね。主人公は「ブラック・パンサー」でヴィラン役をしたマイケル・B・ジョーダン。

 まとめ

いかがでしたか?速く走るためのフォームをイメージできましたか?

人が走っている姿を観るのはとても刺激になります。しかも、カッコいいですしねw完コピすれば自然と速くなると思いますよ!『主役は筋肉!屈強な肉体が拝めて面白いおすすめ海外映画』も一緒に観れば、カッコイイ筋肉のイメージもついておすすめです☆
[blogcard url=”https://lowbuyer.com/movie/1169/”] https://lowbuyer.com/movie/1169/

またランシーンのある映画を思い出したら追記していきますね(*’▽’)


今回紹介した作品はほぼすべてU-NEXTで鑑賞可能です。今なら31日間無料なので是非

U-NEXT公式サイトへGO

U-NEXTって?と思った方はコチラに詳細を書いているので覗いてみてください

>>>U-NEXT(ユーネクスト)の魅力的特徴とデメリットを感想付きで解説【おすすめ】

[blogcard url=”https://lowbuyer.com/hobby-u-next/1514/”]