【おすすめ洋画ベスト】はこちらをクリック

U-NEXT(ユーネクスト)で時短と楽を手に入れて楽しむ

U-NEXT(ユーネクスト)の魅力的特徴とデメリットを感想付きで解説【おすすめ】

これまでDVDをレンタルしてきた人にとってちょっと気になるU-NEXT(ユーネクスト)

自宅で手軽に映画を観れるツールとして知られていますが、なんといっても月額1990円という敷居がなかなか越えられない障害になっていますよね。

 

実際、月額1990円という金額は他のVOD(ビデオオンデマンドサービス)に比べて割高です。しかも、高い月額を払ったからと言ってすべてのコンテンツが見放題になるわけではありません。

そうです。U-NEXT(ユーネクスト)の月額は高いから最強というわけではないんです。

 

 

しかし、ではなぜ高い月額にも関わらずU-NEXT(ユーネクスト)は人気なのか。

それは、

  • 他のVODに比べて圧倒的に見放題の作品タイトル数が多いということ
  • 最新映画の配信開始スピードが速いということ
  • 雑誌も読めるということ
  • 漫画も読めるということ
  • アダルト動画も観れるということ
  • コンテンツの使い勝手がいいということ
  • 31日間無料で体験できちゃうということ
  • 最新作品を観るための600円分のポイントを登録と同時に付与してくれるということ

 

これまでわざわざレンタルDVDショップへの行き来&滞在に費やしていた1時間を自由に使うことが出来、

 

1週間にたった5つのコンテンツを利用すれば

 

あっという間に元がとれちゃう計算になります。

 

僕も勿論ヘビーユーザーとして活用しているこのU-NEXT(ユーネクスト)

もう少し具体的に掘り下げていきましょう。

まずは31日間試してみる

U-NEXTへGO!

 

そもそもVODのメリットとは?

U-NEXTはネットを通じて動画や漫画などのサービスを配信しているビデオオンデマンドサービス(VOD)のひとつです。

レンタルDVDサービスに変わって今伸びてきているこのVODの最大の特徴は、利用することで外に出らずに自宅で映画を楽しめるということ。

 

レンタルDVDショップを利用しているときの従来の問題点
  • わざわざ仕事帰りに疲れた体で延滞間近のDVDを返すために車を走らせる
  • DVDを吟味している最中に目の上下運動のせいでお腹が痛くなる
  • 眠たい子どもに焦りながら急いで作品を選ぶ
  • 借りてきたDVDケースが部屋に散らばり裸足で踏んでケガをする
VODを利用することで得られるもの
  • 仕事が終わったら直帰できる
  • 思う存分観たい作品を吟味できる
  • 子供がぐずったら即座にアニメに切り替えられる
  • 自宅でご飯を食べながらボタン操作ひとつで今日一日のご褒美を選ぶことが出来る

VODを利用することでこれまで費やしてきた外出の手間と労力と時間をなん%も軽減することが出来るので得られるものが多いのが便利なところです。

この負担が減るだけでかなりのエネルギーの節約になります。

それでなくてもストレスを解消するためのエンタメなのに、わざわざ疲れることをしないと観れないとなると本末転倒です。

 

『それならいっそ試しに使ってみてU-NEXTの便利さと価値を体験してからでも無駄ではないかな…気に入らなかったら無料期間内に解約すればいいし!』そう思って使い始めたのが僕のU-NEXTライフのきっかけです。

 

31日間の無料期間に関しては以下で解説しています。

>>>U-NEXT31日無料トライアルに関する情報と申し込み方法

31日経過したら料金が発生する前に解約手続きをしてしまえば料金が発生しません。

解約方法に関してはこちらの記事で解説しています。

>>>U-NEXT解約と退会に関する記事

早速31日間試してみる

U-NEXTへGO!

U-NEXTはなぜ月額が高いのか?

VODのメリットがわかったところで、VODにもU-NEXT以外にさまざまなものが存在します。

例えば、月額933円の【Hulu】同じく月額933円でTSUTAYAが運営している【TSUTAYA TV】フジテレビの【FOD】

マグ

月額なら他社の方が断然お財布に優しいぜ

では、なぜU-NEXTが月額1990円と割高なのか。理由として第一に見放題作品の圧倒的数の多さにあります。

 

先ほど挙げたVOD他社とU-NEXTの見放題タイトル数を比較してみると

他社の見放題作品数
Hulu→50000本

TSUTAYA TV→10000本

FOD→日本ドラマ多数(数値不明)

U-NEXT→80000本

マグ

こりゃ参ったな、圧倒的ボリュームの差だぜ

勿論HuluやFODなども見放題コンテンツは少ないわけじゃなく、十分な作品を楽しむことができます。

ただ、U-NEXTほどのボリュームはないということです。

作品数12万タイトル以上(見放題作品80000本)!

豊富な作品数

U-NEXT公式

現在のU-NEXT動画総数は120000本。

映画だけでなくアニメ・ドラマ・子供向け動画などのジャンルを含め見放題だけでもなんと80000本と相当な数のタイトルがそろっています。

 

しかもU-NEXTが独自に組んだ特集を5000も組んでいるという親切さ。

探すのが面倒な作品ごとのまとめをしてくれていて親切!

マグ

なるほど、これなら『プレデター』を観た後に探さずともすぐに『プレデターの他の作品』を観れるわけだ

同ジャンルのライバル会社Huluでの見放題作品は約50000本。

Amazonプライムビデオでも約60000本なので、80000本というU-NEXTと比べればその差は歴然です。

 

ヒカルが使ってみた感想
シリーズごとや監督ごと、似た作風ごとにまとめてくれているので利用者からするととても親切で使いやすい。

それに、見放題作品はわざわざ時間を作らなければいけないほど常に追加されています。

新作だけでなくとても古い作品なども随時追加されていて『あぁーキョンシー懐かしぃー!パパ知ってるこれー?』とかなりますw

 

見放題作品とポイントが必要な新作作品の見分け方はこちらの記事で紹介しています。

>>>U-NEXTの見放題作品とそうでない作品を見分ける方法

最新作の配信開始がダントツで速い

新作映画の配信がかなり速いのがU-NEXTの特徴です。

他にはないリアルタイムさが他のビデオオンデマンドサービスとの差別化となっています。

 

まれにDVDやBlu-rayディスクの発売よりも配信の方がはやい作品もあるので、

「新作映画を自宅ではやくみたい」という方におすすめです。

使ってみた感想
新作映画をはやく見れるのは僕にとってU-NEXTを使う一番の理由です。

もちろん、ポイントでの視聴にはなりますが、新作がないのとあるのとでは気持ちの盛り上がり度も全く違います。

登録と同時に600ポイント貰って利用してみる

U-NEXTへGO!

配信直後の最新作は毎月付与される1200ポイントをつかって購入して観る

U-NEXTは新作タイトルは見放題ではありません。

見放題タイトルとは別にPPV(ポイントを利用して課金や購入を行えるサービス)を採用しています。

 

毎月1日に1200ポイント(1ポイント=1円→1200円分)が自動的に付与されるので、

そのポイントでお店に発売間もない新作映画や、映画のチケット割引・新刊雑誌の鑑賞などに利用することができます。

ポイントを利用して

U-NEXT公式

ヒカルが実際に使ってみた感想
新作タイトルの追加が速すぎて観たい作品がありすぎるときは正直、付与ポイントが少し足りないかなという不満はありました。ただそれをカバーできるだけの見放題作品の数があったので申し分ないかな

 

見放題作品とポイントが必要な新作作品の見分け方はこちらの記事で紹介しています。

>>>U-NEXTの見放題作品とそうでない作品を見分ける方法

映画はもちろん!雑誌・マンガ・音楽・アダルトまでも!?

U-NEXTは動画(邦画・洋画・アニメ・ドラマ)の他にもたくさんのコンテンツがあります。

動画以外のコンテンツ
漫画・雑誌・書籍・音楽(別途料金発生)・アダルト

 

アダルトコンテンツに関しては他のビデオオンデマンドサービス会社にはない

U-NEXTだけのコンテンツとなります。

マグ

正直これが一番の他社との差別化だなw
アダルトコンテンツを観てみる

U-NEXTへGO!

端末にダウンロードすればオフラインでも視聴できる!

U-NEXT公式

他のビデオオンデマンドサービスでは、たまにオンライン(ネットに接続している状態)でしかコンテンツを視聴できないところがありますが

U-NEXTは対応した端末への動画のダウンロードが可能です。

事前にお持ちの端末にダウンロードしておくことでネットに繋がっていなくても外出先で作品を観ることができます。

 

オフライン視聴はこんな時に便利
✔車で子供に『アニメが観たい』と言われたけどナビも消したくない時

✔外出先でちょっと暇になったとき

✔ママが食品を買い出しに行っていて車で退屈な時

✔テレビが占領されていて退屈な時

✔ネットのない環境で退屈な時

マグ

でも、テレビでも子供たちがU-NEXTのアニメを観ているとしたら、タブレットではU-NEXTの動画は同時には観れないでしょ??

U-NEXTのアカウントには子アカウントというものを作成すれば2台の機器で同時に違う作品を鑑賞することが出来るシステムになっています。

子アカウントで4つの機器で別の作品を同時に鑑賞可能

先ほど前の章でも書いたように、U-NEXTには子アカウントというものを作成することで同時に違う作品を鑑賞することが可能です。

1つの契約で、アカウントを無料で3つまで追加できます。
家族で最大4アカウントをご利用いただけるので、1人あたり実質約500円でご利用できます。

さらに、

複数アカウントで同時再生できるから、家族みんなで同時に利用できる
子アカウントではR指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示していないので、親御さんも安心
子アカウントでの購入制限ができるので、家計にもやさしい

引用:U-NEXTよくある質問「ファミリーアカウントとは」より

本来契約しているアカウント=親アカウントとして追加で3つまで別のアカウントを追加できます。

子アカウントはこんな時に便利
✔ママが寝室で洋画を観ているけど、パパはリビングで海外ドラマを観たいとき

✔子供がリビングでアニメを観ているけど、夫婦で寝室で恋愛映画を観たいとき

ヒカルが実際に使ってみた感想
この同時視聴可能システムはとても使えます。僕は洋画が好きですが嫁と子供は邦画が好きだったので意見が割れてたし、テレビの争奪戦がなくなったので僕1人の時間が確保できるようになりました。

 

 

ただし、子アカウントにはいくつかの制限が設けられているので注意が必要です!

子アカウントでできないこと
✔18禁アダルトコンテンツの利用

✔子アカウントで追加課金

✔親アカウントと同じ作品を子アカウントでも再生

マグ

なるほど、これでじーちゃんがやたらめったら子アカウントで課金したり、子供がこそこそアダルト動画を観るってこともできないわけだね☆

実際に使って分かったU-NEXTのデメリット

僕がU-NEXTを使ってみていくつかのデメリットがわかったので記載しておきます。

※ここからは感想のみです

ポイント数が足りない

先ほど少し触れましたが、毎月付与される1200ポイントが僕にとっては少し足りない感じでした。

新作タイトルが追加されるスピードが速いので、ポイントが間に合わずついつい課金してしまってましたw

自制心をきちんと保てれば課金せずに済みますが、具体的に1500ポイントくらいあれば文句なしでしたねw

レンタル期間が短い

これは一番思ったデメリットです。

ポイントでレンタルした作品のレンタル期間(視聴可能期間)は2日間のみとなっています。

レンタルだけ処理しておいて後で観ようと思って忘れてしまい、観れなくなった…ってことになったことがありましたw

もう2.3日レンタル視聴可能期間がほしいかなぁ

利用できないデバイスもある

僕は利用登録した当初SONYのPlayStation3(プレステ3)で視聴しようと試みました。

でも、U-NEXTはPlayStation3とニンテンドーのWiiUに対応していませんでした。

 

U-NEXTを使うにあたっての僕のおすすめはPlayStation4です。

画質も格別にキレイだし、コントローラーの操作がかなり楽。

U-NEXTを使わない時はゲームもできるしw

まとめ

ビデオオンデマンドサービスのなかではトップクラスの品ぞろえを誇るU-NEXT。

VODを活用することでこれまで当然のように消費していた時間を浮かせることが出来、かつ楽しむことが出来るようになります。

 

映画好きなら間違いなくU-NEXTのスペックは満足できるはず。

まとめ
●タイトル数が120000本と豊富

●見放題作品が80000本とボリューム満点

●オフラインで外出先でも視聴が可能

●最新作がすぐ配信される

●2台同時に違う作品を観れる

●漫画・雑誌・アダルトコンテンツも利用可能


解約方法も簡単ですので是非

 

気になっていたけどイマイチ踏み切れなかった人はこの際是非(*’▽’)

 

僕が当ブログで紹介している作品たちもU-NEXTで視聴可能ですよ☆(一部ないものもある)

簡単登録5分!

無料体験をしてみる


マグダラで紹介されている映画を観てみる