当サイトおすすめ洋画ベストはこちらをクリック

アニメ『スパイダーマン/スパイダーバース』が2019年日本公開いろんなスパイダーマンがいっぱい登場?!

スパイダーバーストップ画

現在公開中の『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に登場するスーパーヒーロー、スパイダーマンが登場するアニメ映画『スパイダーマン/スパイダーバース』が2019年日本公開が決定しました!おそらく子供から大人まで楽しめるであろうこのアニメ。なぜなら

スパイダーマンが一人ではなく多数登場するから!!

今回は『スパイダーマン/スパイダーバース』公開に先駆けて、スパイダーバースの情報を簡単に紹介しておきます。

そもそもスパイダーマンとはどんなやつ?

そもそもスパイダーマンをよく知らない方のために簡単にスパイダーマンの紹介をしておきます。

アメリカで人気のスーパーヒーローコミック「マーベルコミックス」の人気キャラクター“スパイダーマン”

マーベルコミックスといえば、現在公開中の世界的高評価映画『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の原作です。当然本作にも登場するスパイダーマンは非常にファンの多いスーパーヒーローです。

初登場は1960年代。心優しき青年(ティーンエイジャー)ピーター・パーカーが主人公となります。結構歴史は長いんですね。
クモに噛まれたことによって超人的俊敏性とパワーを手にしたピーターがスパイダーセンスを駆使して悪と戦うというもの。壁をよじ登ったり、蜘蛛の糸にぶら下がってビル街を移動したりとクモの様な動きをするのが特徴です。

 

2002年にサム・ライミ監督の手によって実写映画化され、爆発的に日本での認知度は高まりました。
その後スパイダーマン3まで上映し、2012年には“リブート作品”としてキャスト新たにアメイジング・スパイダーマンが公開。サム・ライミ監督のスパイダーマンとはまた一味違うスパイダーマンとしてスクリーンに再登場しました。

ですが、興行収入の面でアメイジング・スパイダーマンは2までで打ち切られ、
2016年上映のキャプテン・アメリカシリーズ「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に再び新たなスタイルで登場。ファンにトリハダを立たせました。

演じている若干20歳の俳優トム・ホランドは演者としても非常に優秀で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマン同様期待の星となっています。

スパイダーマンがたくさん?!スパイダーバースとは?!

spider-verse
出典:Amazon

今回の映画は、スパイダーマンシリーズのコミックス『スパイダーバース』というのが原作となっています。

スパイダーバースとは:

並行世界には多数様々な見た目と能力のスパイダーマンが存在する。彼らはインヘリターズを倒すため一挙に集結する

というもので、スパイダーマンファンにとってはとても興奮する内容となっています。
というのも、僕らの知るスパイダーマンとは全く違うスパイダーマンが多いんです!総勢約70種類!!
なかには、スパイダーマンでヒロインとなっているグウェンもいるそうですよ。

その他のスパイダーマン例
・ブタのスパイダーマン
・忍者みたいなスパイダーマン
・チンピラみたいなスパイダーマン
・真っ黒いスパイダーマン…etc

これだけスパイダーマンが集まればサノスもびっくり仰天でしょうw

2019年日本公開:公式予告編がアップされた!

アメリカでは2018年公開予定の本作。日本では2019年上映となります。

それでは予告編を観てみましょう!!

 

おおぉぅ♪全体的にCGアニメーションとなっていますね!
主人公はどうやらピーター・パーカーではなさそうです。彼の墓石らしきものが映っていますね。そしてそこに訪れるNIKEのバッシュを履いた謎のスパイダーマン。顔はブラックで目が赤い。従来のスパイディとは配色が逆になっているようです。

そして、最後にはもう一人のスパイディの影が・・・

黒人のスパイディ:彼の正体を推測

今回の主人公らしき黒人のスパイディ。彼の正体はおそらくマイルズ・モラレスであると予測します。
スパイダーバースで彼のいる世界はニューヨークっぽい異世界。そこではピーター・パーカーは既に死亡していたと思います。

彼はもともとヒーローになることに対して否定的でした。そんな彼をスパイダーマンにしたのが、ピーター・パーカーの育ての親ベン・パーカーに言われたあの名言

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

この言葉をきっかけに彼はスパイダーマンになる決意をする。

 

確かそのような内容だったような記憶があります(うろおぼえw)

スパイダーマン以外にも登場する?!原作ではあのヴェノムも!

本作の彼が本当にモラレスなのか、そして内容は未だ謎ですが、
原作ではあの人気ヴィラン『ヴェノム』も活躍します。彼も元はスパイダーマンのヴィランであり、サム・ライミ監督の作品では初めにスパイダーマンに寄生して登場します。

ということは、今回のスパイダーバースでもヴェノムが登場する可能性は否定できません。
今年、実写版として映画化も決定しているヴェノム。もし本作にも登場すれば、盛り上がること間違いなしですね!

仮に、シンビオートが登場しないにしても、本作は確実にテンションが上がる作品となっていると思います。
なんといっても今マーベルはハズレなしですからww

>>>>>ヴェノムに関する記事はコチラ

[blogcard url=”https://lowbuyer.com/hobby-movie-3/996/”]