当サイトおすすめ洋画ベストはこちらをクリック

靴の色は何色?Twitterで独自に検証してみた理由と結果

こんばんはヒカルです!

今回は、僕がTwitterで行ったある検証の結果を報告します。

検証と言っても、ある画像を見てもらってその画像に映っているものの色を2択で答えてもらうというものです。

結果として、その答えによって僕なりにみたところあることが見えたので検証化してみたんです。

それでは、順を追って説明していきます。

注意
これは、あくまでも僕ヒカルの個人的な検証です。占いのようなものです。科学的根拠も医学的データも何もありません。ただただ、僕がこれまで行ってきた癖である“人間観察”から見えてきたものを独断と偏見で考えたものです。

きっかけと正解

今回の検証内容は、ある画像を見てもらい色を答えてもらうというものです。

きっかけは、僕が現在記事化している先日の企画記事を待っていただいている間のディベートのたたき台(暇つぶしネタ)になるかなと、ネットから拾ってきた画像でした。

その時のツイートがこちら、

これ、あなたには何色に見えますか?

  1. 【ピンク×ホワイト】ですか?
  2. 【ミント×グレー】ですか?

初めに僕が答えさせてもらいますが、僕には【ピンク×ホワイト】に見えます。

初めに答えを載せると、正解は【ピンク×ホワイト】です。

ライトの具合か、周囲の暗さの具合かで右のような色見になってしまったのでしょう。手が暗いのもあって僕はこの画像が暗がりで撮影した画像だとわかったので、ピンク×ホワイトとなりました。

この画像、以前Twitterで見たことがあったんでいいネタになると思いアップしました。当然、アップ直後に2人からリプが来ました。

この2人、僕が普段からTLでよく話している人でして。この2人の回答を見て僕は瞬間的になぜ2人の意見が分かれたのかを考えました(考えないでいいから企画記事を書けばよかった…)

もっとたくさんの僕が話す人たちからの回答を観れば、なにかわかるかも…

それが今回の検証に至ったきっかけです。

回答から見えてきたもの

その後冒頭でアップしたツイートに書き換えたところ、たくさんの回答が集まりました。

条件として、僕が知る人からの回答でないと分析できないと感じたのでノットフォロワーさんの回答はあまり検証の参考にはできませんでした。

リアルの人間にも何人か見せて、回答を煽りました。

そこから見えてきたものは、『回答が、人柄に出ている』というものです。詳しく説明していきます。

ミント×グレーと答えた人

僕から見て、このミント×グレーを選んだ人にはいくつか共通点的なものがありました。特徴です。

  • 「決めたらこう」意志力の強い人
  • 芯のしっかり通った、強い人
  • シンプルなものが魅力的に見える人
  • 素直過ぎる人
  • 目からの情報を大事にする人
  • 直感型

本来はピンク×ホワイトのこのスニーカー。ですが、画像のミント×グレーという表面的な情報を素直に脳で認識した結果ミント×グレーにしか見えない。そうなったんではないかと思います。

『当たって砕けろ』の精神とか、『素直過ぎてバカ扱いされる』なんて経験ある人じゃないですかね?

芯のしっかり通った~と述べた理由は、ミント×グレーの人はおそらくピンク×ホワイトには見えないから。自分の芯を強く持っているからこそ、自分の目にも脳は素直にしっかりと従順。人によっては、正解画像を見てもミント×グレーに見えるんじゃないかな…

ピンク×ホワイトと答えた人

反対に、ピンク×ホワイトと答えた人の特徴は以下、

  • 物事を、理屈で考える人
  • 物事を原理原則をもとにして考える人
  • 何かしらの観察をよくする人
  • 行動する前にまず考える人
  • なぜ?がすぐに思い浮かぶ人

正解を当てた方は、おそらく今回のような「暗がりやライトの影響で物体の色見が変わる」という事実を理解しているか、目にしたことのある人なのではないかと思います。よくホラー番組なんかで出てくる暗視カメラの映像なんかもすべてミントグリーンですもんね。

参考画像

出典:ノーリロ!

※参考資料はネット(ノーリロ!というサイト)から適当に拝借いたしました。

 

行動の前にまず考えるという人は、目の前の情報だけでなく記憶や経験などから資料をひっぱり出して結論を出します。だからこそ、今回のようなフェイク染みた問題も脳で処理できたんではないかと思います。ぼくは、考えすぎて身動き取れなくなることがあるのでいいこととは思いませんがw

例外:ミントに、つま先はピンク

正直これは、はっきりとはわかりません。

個人的には、ぶしつけで彼女にはこのような質問をしました。

答えはYes。なぜこのような質問をしたのかというと、先ほどから述べているようにこの画像は脳での処理を目からの情報を頼りにしてるのか、経験やデータからの情報を頼りにするのか。ですが、このような回答をしたということは、単純にその中間にいるのでは?と思ったんです。

心境の変化や脳の成長。体調の良しあしとか心の乱れなど。

もしかしたら、万全の状態で改めて画像を観たとき、答えが違うのかもしれません。

まとめ

今回の結果は、あくまでも僕の独断と偏見によるものです。裏付けは僕の観察してきたあらゆる物体・事象・現象からのもの。

僕は、もともと目に見えるもの全てを漠然と観察するのが癖です。

  • モテる人間がどうしてモテるのか?
  • こけた人はどうしてこけたのか?
  • 虫歯はどのようにできるのか?
  • 扇風機はどのようにして動いているのか?

具体的な原理原則とまではいきませんが、脳内の情報を知っている限り自分の物差しで考えて回答を導き出す。そんな感じで何かしらをつねに観察する癖があるんです。

今の職場でも、アパレルから転職して初めは全く触ったこともない機械に囲まれてわけもわからず仕事をしていました。ですが、機械は故障をします。そして会社は修理代を削減したいから素人の僕に修理させるのです。説明書もマニュアルもなしに。

観察好きの僕は、機械の原動力や構造なんかを手触りだけで覚えました。覚えないといけないからですが、そういった作業が好きだったこともあったんでしょう。今では、音を聴くだけで調子がいいのか、悪いのか。何がどう悪いのか、なんとなく見当がつくようになりました。

 

たくさんの人も同様に観察してきました。「出会った」というのとは違います。それは、接してきた人数でしょう。僕の場合は、通りすがりの人も対象です。となれば、数は計り知れません。

  • どうしてこの人はこのタイミングで笑っているんだろう
  • この人の洋服の組み合わせはどういった雑誌を参考にしているのだろう
  • この人のこのセリフはどういった感情からきているんだろう

接した場合も同様です。人の顔色が、ある程度ではありますがわかります。どの程度怒っているのか、どのセリフをきっかけにして怒っているのか。

 

要するに僕は、いわゆる変わり者ですw

そんな僕の検証です。信憑性はありません。あくまでも暇つぶしとしてお楽しみ頂けたなら幸いです。

 

もちろん、これによってあなたが〇〇タイプ!というものではありません。

ピンク×ホワイトを選んだ人でも、データに基づいて仕事やブログをしているひともいるでしょう。

 

とはいっても、勉強というのは僕の思うところ知識の上塗りと習慣の改善。元来のあなたが文系であっても理系の勉強法を身に着ければ理系となるわけです。

潜在的なところから導き出された直感的な答えが今回のもので、それが本当のあなたなのかもしれません。

信じるか信じないかは…あn僕は企画の記事を書きますのでこれにて失礼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA