当サイトおすすめ洋画ベストはこちらをクリック

さあ、才能に目覚めよう。ストレングス・ファインダーを受けた結果と「自分とは?」

さあ、才能に目覚めよう。ストレングス・ファインダーを受けた結果と「自分とは?」

こんばんはヒカルです!

今回、僕は「自分とは何者なのか?」そのヒントを見出すために2000円の適性診断を受けました。

ストレングス・ファインダー2.0です。

この本は、自分の弱みを克服するためではなく

強みを最大限に発揮して‟自分や自分の身の回りの人々の生活をよりよいものにしようよ!”

というもので、仕事やプライベートのあらゆる場面で自身の強みを伸ばしていくためのアセスメントを用意してくれています。

  • 就活に備えて自分自身を知りたい
  • 自分の長所ってなんなんだろう
  • 自分にはどんな強みがあるんだろう
  • 自分は何者なんだろう
  • 今の仕事を充実させるためにはどうしたらいいんだろう

そういった悩みを持つ人に大きなヒントをもたらしてくれる本(診断)と言えます。

 

結論として、先にお伝えしておきますが僕の診断結果は

  1. 未来志向
  2. 戦略性
  3. 自己確信
  4. 共感性
  5. 適応性

でした。これについても僕なりの感想とそこから見えてきた対策を書いていきます。

『まずは、無料で診断してみたい』という方はコチラもおすすめです。

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーとは、

故ドナルド・O・クリフトン氏率いるGallup(ギャラップ)社が40年にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいて開発された自己分析ツール

2001年発売と同時に世界的ベストセラーとなり、100以上の国の学校・企業コミュニティで活用されてきたもので、今や日本でも『さあ、才能に目覚めよう』というキャッチーなタイトルで自己分析ツールとして最上の認知を得ています。

どういったものかというと、

「自身の弱みを克服する」という考えではなく!

「自身の強みを活かした方が最大限の力を発揮できる」という考えで出来ているツールです。

人にそれぞれ備わっている資質を34の項目に分け、中でもより前面に出ている資質を5個「上位資質」として見出してくれるものとなっています。

あくまでも診断結果(上位資質5個)が=強みではなく

「上位資質5個があなたの中でより前面に出ている」ということなので、それをどう活かして強みにするかというのが肝心です。

「自分は何者なのか」僕がストレングスファインダーを購入した理由

なぜ、僕がストレングスファインダーを購入するに至ったのか経緯から簡単に綴っていきます。

理由としては、

  • ブログをよりよくするために、自分の強みを知りたかった
  • 自分らしさを見つけて、今後の人生に活かしたかった
  • 過去の自分から決別したかった
  • 今の仕事に少しでも活かせる情報を得たかった

といった感じです。

簡単にまとめると、僕自身は学生時代からあまり「自分らしさ」と言えるものを自身の芯として持っていなかったから、今後の人生をより楽しみながらいい方向に進むために自分らしさを見出したかった。

ということです。

以前から、Twitter界隈ではストレングスファインダーの話をよく目にしていました。

‟有料だけど、とんでもなく的確な診断で己の指針として必要不可欠”的なイメージが既に刷り込まれていたんですw

プロフィールを見て頂くとわかるように

結婚に至るまでの間、僕は自分自身底の部分でネガティブさが抜けきれずなんにでも内心否定的な考えを持っていたんです。

そんな自分が嫌いだったし、受け入れられない感覚がありました。

つまるところ、自信がなかったんです。自分の武器と言えるものが何なのか、ずっと探していた。

それを見出すためには、ストレングスファインダーが一番のきっかけになるのではないか?と考えたのが理由です。

実施結果:ヒカルの5つの上位資質

診断は、書籍の特典として付いているアクセスコードから受けることができます。

あるいは、直接GALLUP社のホームページから課金してかスマホアプリでも受けることができるようです。(僕は、手元に本を置いておきたかったので本にしました)

インターネットを利用して診断を行うのでパソコンかスマホが必要です。

各コードにつき一度のみで、時間は約30~40分かかります。診断を受ける際にはGALLUP社のサイトにアカウント登録とログインが必要となります。

 

冒頭でも記載しましたが僕が受けた診断結果は以下、

  1. 未来志向
  2. 戦略性
  3. 自己確信
  4. 共感性
  5. 適応性

1つずつ、解説していきます。(引用は簡略しています)

1.未来志向

あなたは未来に何ができるかというビジョンが見え、それを心に抱き続ける夢想家です。まるで壁に投影された映像のように、あなたは未来に待ち受けているかもしれないものが細かなところまで見えます。あなたが未来のビジョンを目に浮かぶように話すのを周りの人々は、期待しています。

引用:「未来志向」より

この未来志向が一番というのに僕自身が一番意外と感じました。でも、未来のことを出来る限り具体的にイメージした結果取った行動がこのブログというところですのでその点に関しては的を得ていると感じましたね。

2.戦略性

あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終目的にあった最善の道筋を発見することができます。あらゆる選択肢のシナリオを自問することで読んでいきます。それを繰り返して先を読むことができるんです。そして起こりうる障害の危険性をあなたは正確に予測することができます。

引用:「戦略性」より

戦略性に関しては、少し自分でも納得できる結果でした。自分の意思は固くないもののあらゆる場面で先を見越して行動することが多かったからです。とはいっても理屈ではなく感覚的になのであくまでも癖みたいなものでしたけど…ただこれが2位にあるということで、磨くことでより鮮明に先を見越すことができるのかなと思えました。

3.自己確信

自己確信は自身と共通する点があります。心の奥深くであなたは自分の強みを強く確信しています。ただし、自己確信は単なる自信を超える資質です。これにより能力だけでなく判断力にも自信を持っています。自分自身の人生に関する最終的な責任を取ることをあなたは決して怖がらないし、むしろ当たり前に感じています。

引用:「自己確信」より

これはですね、3位に浮上してきたのに驚きました。学生時代からの経験で、僕は自分への自信というのはあっても隠していたから。でも結婚してからはその自信を少しずつ自分でも受け入れるようになって、ようやっと最近「自分の意思がどういったものなのか」を理解できるようになってきた感じで。3位という結果からみて、おそらく確信をもって戦略を遂行できるのかなあなんて

4.共感性

あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることをまるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。ただ、それぞれの選択を受け入れるわけではありません。理解します。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。彼らが感じることを表現するのを手助けします。これにより人はあなたに惹かれるのです。

引用:「共感性」より

この共感性は、対面でのコミュニケーションで非常に理解できるものがありました。人間関係や、上下関係での空間の中で僕は言葉を選ぶ必要なくすんなりと溶け込んだり中心にかぶりつくことができてきていました。そして、何かしらに悩んでいる人がなんとなくわかり、それに対して勝手に助言やアドバイスをしてしまう。この共感性を磨げれば、ブログを書く上でも読者の考えとか読めるようになるんだろうけどなぁ…

5.適応性

あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって将来を見出すのです。生まれつきの柔軟性で仕事上、いくつものことに同時に注意を払わなければならない場合でも、あなたは常に生産性を保つことができます。

引用:「適応性」より

柔軟性に関しては、ズバリ納得です。現在の仕事もアパレルからは全く違う庭から移りましたが、適応することができましたし将来というのは僕の選択次第で右往左往していくものだと考えています。簡単に言うとパワプロのサクセスですね。ゴールは何百通りかで決まっているかもしれませんが、己の選択でいくらでも変わっていく。そう考えていますし、選択を迫られるようなときはだいたい、選択した結果を出来る限り予測して決めています。(嫁にはあまり見せないけどね)

考察:5つの資質をどう活用して強みに変えていくか

診断結果は、この時点ではまだ強みではありません。これをどうリアルに落とし込んで、武器としていくかがこの本と僕自身のミソです。これを機に簡単に考えてみました。

未来志向をどう武器にするか

一番の資質である未来志向は、未来を見据えて行動することに長けた点があると理解したのでその未来を具体的にどういったふうに見るかが重要だと考えます。

過去からは、修繕できる点はあるけど新しい何かを見出すことはできないと思っているので、新たな自分を発掘するために未来を見るといった感じです。僕は今30歳で、勉強するのが楽しいです。将来のビジョンを具体的に、

例えば
5年後には、ロボット等も発展して、働き方のカタチも今とは違ったものになっていると考えている。個性について昔以上に取り上げられ、オリジナリティがものをいう時代。誰もが、今以上に責任ある行動をとらないといけない時が来るような気がしている。その時に企業というものの下ではなく、自らで稼ぎを出す方が融通が利くのではないかと考えている。そのためにはじめたのがブログ。とはいっても現実的には月収が40~50は欲しいし、そのためには現在のマグダラだけでなくもう2つほどは収入源が欲しい。

みたいな感じですかね。まだまだ具体性が無くてすみませんw

でも、最近ほんとに社会環境は学生時代より一変してきています。このスピードは今後ますます加速していくでしょうし、それに柔軟についていけないと、バカを見るのは僕ら自身となってしまうのではないかと考えています。

そのための武器が取り急ぎ必要なんだ。

戦略性をどう武器にするか

現在感覚的に行動を予測しているだけなので、より論理的に行っていく必要があると思います。

最善の選択を感覚だけでなく数字や理屈で証明してみせて、より失敗の危険性をつぶす

そうすれば、周囲から見て「行き当たりばったりな決定」には見えなくなるでしょうし、説得力も増すでしょう。

とはいっても、やろうと思って簡単にできるものでもないかなぁと思うので今はそれを頭に置いておきつつ経験値を積む必要があるかなと。数字や理屈でいろいろと作戦を立ててみて、答え合わせを繰り返す。まさしく、今ブログで行っているPDCAなんだと思います。ってことで、ブログは継続確定ですね。

共感性をどう武器にしていくか

これは、1.2とは少しジャンルが変わってくる話ですね。共感性は僕の今後の在り方に関わってくるかと。というのも、この共感性が今回僕にのみと言えるオリジナリティと思えるからです。

対面でだけとはいえ、人の感情を探って肌で理解できるのは誰でもできるものではないです。

つまり、例えば、今行っているTwitterやブログで活用すればコンサル的な方向でサポーター側に回ることができる存在になれるかなと。

大前提として、自分自身で結果が出せていることが必要不可欠ですが、そこさえ突破すればおそらくコンサル業で的確なアドバイスやなんかができる。と。

(今は、アドバイスはできるけど説得力ないからねww)

適応性をどう武器にしていくか

これをどう武器にするか、少し考えました。適応性って受動的なイメージだしどちらかというと盾ですよね。

でも、考え方をかえてみるとこの適応性はとても広範囲の武器になると言えます。

適応性は、あらゆる状況にも柔軟に対応できる資質です。ということは、今僕に必要な経験値を積むために利用できます。どんどん戦火の中にツッコんで言ってもその先々で無傷で生還できるということです。

盾を武器に突進する的な絵です。

上位4つの資質を育てる手段として、どんどんツッコんで柔軟に吸収していく。これだぁああ

まとめ

結局僕自身の話ばかりになってしまいましたねw

でも、このストレングスファインダーが背中を押してくれたのは事実です。僕自身が考えた末に見出した今の職場と、それを脱するために行っているマグダラ活動は間違ったことではないと自信を持てるようになりました!!

自分自身を客観的に知るためにはうってつけのツールだと確信できました!

今回の記事のポイントは以下、

  • ストレングスファインダーは全世界で利用されている自己診断ツールの代表格
  • 診断結果は34の資質の中から上位5つ
  • その5つの資質をどう武器にするかを考えるのがミソ
  • 自分探しをするならインドに行くより安く上がる

因みにこの本には、もちろん資質34個の特性の詳細とそれについての対策案などが記載されています。そして、嬉しいことに自分の資質以外、周りに34の資質のいずれかを持った人との接し方なんて言うのも書いてあります。

例えば、僕(未来志向が高い人)との働き方は

この人は未来のために生きていることを心に留めておきましょう。彼自身のキャリアやあなたの会社、市場や現場などについて、この人が描いているビジョンを共有しましょう。

将来の可能性についてよく話し合い、この人を刺激しましょう。質問をたくさんしましょう。

興味を持ちそうなデータや記事をこの人に送りましょう。この人には未来志向の糧となるものが必要です。

要するに、僕が興味を持ちそうな資料を餌に接しておけば僕は勝手に成長し、勝手にテンション上がるよって話ですね。

 

あなたも、あなたらしさがはっきりとはわからないという感じであれば、是非診断を受けることをおすすめします。

Twitterでの自分の立ち位置がいまいちふわふわしていて定まらない。そんなときに最適なテストだと思います。

そして、未来に備えて光り輝くあなただけの武器を用意しておきましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA