当サイトおすすめ洋画ベストはこちらをクリック

FFFTPを使って手動でheader.phpを編集する方法

こんにちは、ヒカル(@Hikaru_55crypto)です。

今回は、『FFFTP』を使って、ブログテーマの『header.php』を編集する方法を

記事にします。

 

とはいえ、僕もまだheader.phpを編集する為にだけしか使用していないので

詳しい使い方は随時追記していきますね。

スポンサード


なぜFFFTPでheader.phpを編集するのか

きっかけは、ブログテーマを『SANGO』に変えたことで、

大幅にサイトの作りが変わったのでグーグルサーチコンソールに

サイトマップを登録しなおして、再送信したかったんです。

(この考えが正しいのか否かは不明w)

その際、グーグルサーチコンソール側から与えられたタグを

header.phpに書き込めなかったんです。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”MUG.png” name=”MUG”] いやぁあれは焦った。最初から有料テーマを取り入れてからブログ開設しとけばよかったよぉ[/speech_bubble]

僕のワードプレスがよくないのか、なにかいじっているからなのか

管理画面のテーマ編集から編集しようとしても

”致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。SFTPを使うなど、他の手段でPHPファイルの変更をアップロードする必要があります”

と出てきたのです。

「新しい記事書きたいのにぃ、こんなところでつまずいてどうする!ヒカル!」

てな感じで、切り替えて対策法を検索していったわけです。

結果、FFFTPを使用して書き換えができると言う事だったので、実施に至りました。

編集する方法

まずはバックアップを取っておこう!

FFFTPを開いて接続が済んだら、

左側の棚(自分のPCデータ)内のwp-content→themes→sango-themeへと開いていきましょう。

すると、中にheader.phpがあると思います。これを書き換えるのです。

※メモ帳とかでは編集できないので”TeraPad”等で開くようにしましょう。

編集が終わったら上書き保存して

右の棚にもheader.phpのあるフォルダを表示してドラッグして上書きしましょう。

この上書きの瞬間が恐怖で仕方ない僕でしたが、

何とか無事管理画面の方にも反映されていました。( ;∀;)

過去にも同じような出来事があった

実はヒカルの『MGDL‐マグダラ‐』は、以前にも同じ現象が起きました。

テーマがまだ無料テーマの『Simplicity2』の時です。

これも、同じくグーグルさんの広告ツール『Google Adsense』に登録して

審査コードを埋め込むときでした。管理画面からはheader.phpに書き込めなかったんです。

今回も、同じ事象だと言う事はわかっていたんですが、テーマが変わったことで、なにか

方法も違っているのじゃないかと不安になったんです。結果、成功してよかった。

まとめ

今回header.phpの編集のみしか書いていませんが、FFFTPを使えば、他の部分の編集を行えます。

このFFFTPを使ったブログ編集、今後の課題だなという感触です。

これが、マスターできれば、サイト全体の編集ができるので、デザインとかも変えれるはず。

頑張ろう☆

 

とはいえ、そもそもグーグルサーチコンソールに

登録しなおす必要がなかったとしたら

まぁまぁ意味ないんですけどねwww

スポンサード